大学受験のホテルが予約できない時はどうする?友人や先輩を頼るという方法もある




大学受験のホテルの予約が取れないと心配ですよね。
受験する大学があっても、宿泊できなければ意味がありません。
最悪、朝一の新幹線などで受験に間に合うという場所ならまだどうにかなるのですが。

大規模イベントと重なりホテルの予約ができない


数年前、確か九州だったと思いますが、大規模なコンサートイベントがあったために、そのコンサート客の宿泊予約でホテルが一杯にになり、受験生の泊まるホテルが無くなってちょっとした騒動になりました。
その時は、地元の企業の社宅などを解放するなどして、受験生を受け入れたというニュースがテレビでも扱われたほどです。

こういった受験生にとっては考えてもなかったことで、ホテルの予約が難しくなることもあります。
コンサートイベントの他に、東京では東京マラソンといった大規模イベントも2月という受験期と重なっています。
他には近年の外国人の訪日観光客の増加で、ホテルが予約しづらいということもよく耳にする話です。

知人のアパートに泊めてもらうのも手


もし受験のホテルが予約できなかった時、受験する大学の近くに仲の良い先輩や友人が住んでいたとしたら頼ってみるのはどうでしょうか?
その知人のアパートに受験の間だけ泊まらせて貰うのです。
現役受験生なら先輩を頼ったり、浪人生なら先に大学へ進学した同級生に連絡をとってみるということになります。

友達や知り合いであれば一緒にいても結構気楽ですから、緊張もほぐれます。
それにその地域の交通機関の事情などもよく知っているのでとても助かることが多いでしょう。
多少お礼を渡すにしても、ホテルの宿泊代を要求するような人はいないでしょうから受験費用も抑えることができます。
もし過大な宿泊代を求めてくるような人なら、付き合いを考えた方がいいとも思いますが。

知人宅へ泊まることの問題点


知人が泊めてくれるのはありがたいことですが、デメリットのようなものもあります。
友達同士であれば気が緩みすぎて遊んでしまうということもあります。
昔の話で、朝まで飲み明かして寝ずに受験したとかいう話はよく聞かれます。
もちろん合格という結果の話では無いものがほとんどですが。

相手は春休みの期間中なので、アルバイトに出かけて行ったりすることもあ、受験する側とは生活のリズムが合わないことがあります。

あと、こちらが受験ということで相手に過剰に気をつかわせてしまうこともあります。
長期間宿泊させてもらう場合は、その期間に最初に受けた大学の合格発表があったりします。
すぐに合格が決まればいいのですが、不合格であれば自分のところに宿泊させることで受験に影響したのではないかと知人も気をつかってしまうことにもなるのです。

そう考えると、やはりホテルを余裕を持って予約したほうが、受験にとってはいいと思います。
友人にも気を遣わせなくて済みます。
受験が済んでから合流する方がいいかもしれませんね。

=>大学受験生におすすめのホテル予約サイト

<関連記事>
->大学受験で宿泊するホテルの予約はいつごろ始めればいい?
->受験で宿泊してるホテルでの過ごし方に注意しよう!
->大学受験生に人気のホテルランキングを見てみよう!東京の大学受験生は必見?
->大学受験生におすすめのホテル予約サイトで便利なホテルを探そう!
->大学受験のホテルに親もついて行って一緒に宿泊するの?